魅惑の国トルコ特集

シルクロードの終着点。
アジアとヨーロッパの文化が交わるトルコツアーは、
不思議な魅力が盛りだくさん!

トルコで食べる

アジアやアラブ、ヨーロッパの文化が融合する地域から、独特な食文化を確立したトルコ料理は、世界三大料理の一つと称されるほど。野菜が多く使われており、日本人でも食べやすいとされています。

ケバブサンド

日本でもおなじみのケバブサンド。具沢山なサンドに思いっきりかぶりつきたい!

サバサンド

エミノニュ名物サバサンド。焼いたサバをパンに挟んで塩とレモン汁を掛けて出来上がり。この日本人には意外な組み合わせ、是非お試しあれ!

歩き疲れたら甘い甘いトルコスイーツはいかがでしょうか。お土産でもポピュラーなロクムを筆頭にとにかく甘い!けどなぜか食べられてしまう、不思議な魅力のトルコスイーツを一度ご賞味あれ。

ドンドゥルマ

日本でも知られるようになったトルコアイスはパフォーマンスもユニークで見ても食べても◎。

店内でゆっくり食べるのも良いですが、フードワゴンや店頭売りのB級グルメを片手に、観光しながら食べ歩くのもおすすめ!

シミット

トルコでは朝食によく食べられるセサミブレッド。

焼き栗

秋から冬にかけて見かける素朴な甘さの風物詩。

ロカンタ

ロカンタとは大衆食堂という意味。庶民的なトルコ料理が楽しめるロカンタの店内には、ガラス越しに料理が並べられ、どれも美味しそう。料理名が分からなくても指差しで注文ができるのもイイですね。

甘いものは苦手。そんな方はチャイハネでゆったりお茶をどうぞ。
トルコの一般的な飲み物と言ったらチャイ。レストランには必ずある一般的な飲み物です。

ページの先頭へ

トルコを感じる

ブルーモスク

正式名称はスルタン・アフメット・ジャーミィ。内部の壁が美しい青と白のイズニックタイルで飾られていることから、ブルーモスクという名で広く知られています。

  世界で最も美しいモスクと称されるだけあって、優美な姿には息をのむほど。6本のミナレットによって囲われたモスクは、外界と切り離され、幻想的な空間が作り出されています。

ベリーダンス

トルコと聞いたら料理のほかに思い浮かぶのはベリーダンスではないでしょうか?妖艶な美しさを放つショーを観ながらディナーというのもトルコ旅行の定番。
見るのも良いですが、思い切って体験してみるというのも貴重な思い出になること間違いなし。

ハマム

トルコの伝統的な公衆浴場“ハマム”は、大理石の上に寝そべり体を温める、岩盤浴のような蒸し風呂のことを言います。
老廃物が排出されるので、気分はスッキリ、すべすべお肌に。旅の疲れを癒すにはもってこいです。  

更に癒されたい人には、ケセジと呼ばれる人がオプションで垢すりやマッサージも行ってくれます。男性には男性の、女性には女性のケセジが付くので安心。稀に男性しかいないところもあるので、念のためにセパレートの水着を持参することをおすすめします。

ページの先頭へ

トルコでショッピング

ストール・ショール

エスニック柄のストールやショールは帰国後もファッションのワンポイントや、ちょっとした羽織りものとして重宝しそう。

キリム

平織り“キリム”のラグやクッションカバーをお土産にいかがですか?

最近人気の温かみのあるフェルト雑貨から、見とれてしまう色鮮やかなモザイク雑貨、定番のトルコ石のアクセサリーまで、トルコは雑貨天国!

数あるバザールの中でも"カパル・チャルシュ"と呼ばれる屋根付き市場(グランド・バザール)は有名。迷路のように入り組む路地に約4000店もひしめき合っていて、見て回るだけでも心が躍ります。

   

モザイクキャンドルホルダー

色とりどりのガラスモザイクがロウソクの明かりでゆったりと輝きを放ち、幻想的なトルコを思い起こさせてくれます。

ナザール・ボンジュウ

大きな目をモチーフとしたトルコの厄除け守り。壁掛けからアクセサリーまで、色々なバリエーションがあるのでお気に入りを見つけてみては?

ページの先頭へ

世界遺産 カッパドキア

  歩いて地下都市を巡るのも良いですが、バルーンに乗ってこの不思議な景観を上空から眺めるのも人気のツアーです。

カッパドキアを見て回った後は、実際に洞窟で宿泊することができるんです。
温かみのある童話の中に出てきそうなお部屋で、世界遺産のカッパドキアを眺めながら過ごすなんてとてもロマンチック。冬でも暖房がしっかりしているので温かく過ごしていただけます。

トルコと言ったらここといわれるカッパドキアの"ギョレメ国立公園と岩石遺跡群"。

世界遺産に登録されているこの一帯には、"妖精の煙突"と呼ばれるキノコ型をしたものや、ラクダのような形をした岩々がそびえ立ち、その景観は自然が作り出した奇跡としか言いようがありません。

ギョレメ国立公園の一角には、ビザンチン時代に弾圧を受けたキリスト教徒たちが、隠れ住むために岩を掘り進め作った修道院や、地下都市が数多く存在します。
洞窟教会では色鮮やかないくつものフレスコ画を見ることができます。