取扱い国一覧[基本情報]:トルコ

一覧へ戻る

特集 シルクロードの終着点。アジアとヨーロッパの文化が交わるトルコツアーは、不思議な魅力が盛りだくさん!

基本情報

国名

トルコ共和国(Republic of Turkey)

首都

アンカラ

言語

トルコ語

宗教

イスラム教

時差

日本との時差は-7時間。トルコの方が遅れている。夏時間採用時(2012/3/25〜2012/10/28)は-6時間。

map

通貨

現地通貨|トルコリラ TURKISH LIRA
通貨単位・略称|TRY

(1TRYあたり)

提供: ja.exchange-rates.org

通貨を換算する

現地情報

気候

国土が広いため、地方によって気候や降水量の差が激しい。一般的に夏は雨が少なく、乾燥しており、海岸部では蒸し暑い。冬期は曇りが多く、よく雨が降る。東部の高原地帯では積雪もあり、路面が凍結することも。内陸部は日中と夜の気温差が大きい。

電話

日本からトルコにかける場合
各電話会社の国際電話識別番号※1+010(国際電話識別番号)※2+90(トルコの国番号)+市外局番(最初の0は不要)+相手の番号

トルコから日本にかける場合
00(国際電話識別番号)+81(日本の国番号)+市外局番(最初の0は不要)+相手の番号

また携帯電話に関しては、日本から持ち込む海外用携帯電話をご利用頂ける場合があるが、各携帯電話取扱会社にてお尋ねください。

※1 国際電話会社番号
001(KDDI)「マイライン」の国際区分に登録している場合は不要。
0033(NTTコミュニケーションズ)「マイライン」の国際区分に登録している場合は不要。
0061(ソフトバンクテレコム)「マイライン」の国際区分に登録している場合は不要。
005345(au携帯)
009130(NTTドコモ携帯)NTTドコモは事前登録が必要。009130をダイヤルしなくてもかけられる。
0046(ソフトバンク携帯)ダイヤルしなくてもかけられる。
※2 auは、010は不要。

電圧とプラグ

電圧は220Vで周波数50Hz、プラグは2本足のCタイプがメインでB、B3、SEタイプもある。日本国内の電化製品はそのままでは使えないので、変圧器が必要。

飲料水

水道水は大都市での飲用は不可。どの町でも入手しやすいので、旅行者はミネラルウォーターを飲むのが無難。500mlで0.50TLほどで、スーパーマーケットならもっと安く、観光地は高い。スルタンSultan、ハヤトHayat、プナルPinarなど多くの銘柄があるのでいろいろ試してみよう。

郵便

郵便局はトルコ語でPTT(ペー・テー・テー)と呼ばれる。

郵送料金
日本へのエアメールは2TL、封書は20gまで2TL、50gまで2.50TL、500gまで10TL。

営業時間
月〜金曜8:30〜12:30、13:30〜17:30。土・日曜は休み。大都市の中央郵便局は24:00(郵便局によっては19:00または21:00)まで営業している場合もある。

チップ

トルコでは伝統的にチップの習慣はなく、必ずしもチップは必要ではない。また、レストランやホテルなどの料金にはサービス料が含まれていることがある。しかし、快いサービスを受けたときには、以下の相場を参考にして、スマートにチップを渡してみたい。高級ホテルのスタッフやツアーガイドへの心付けは諸外国同様一般的に行われる。大型ホテルでは、サービス料、KDV(付加価値税)が別というケースが多い。

レストラン
庶民的な店では必要ないが、少し高級なところなら10%ぐらいを置いていく。

ホテル
ベルボーイやルームサービスに対しては1〜5TL。

タクシー
おつりの小銭をチップとする。

トイレ
町なかの公衆トイレやジャーミィのトイレ、バスターミナルやドライブインなどのトイレは有料のことが多い。料金はたいてい入口に書かれており、1TL前後。

ハマム
アカすりやマッサージをしてくれた人に対し、1〜2TL。

治安

2012年1月現在、南東部のハッキャリ県とシュルナク県に「渡航の是非を検討してください」が出されている。

空港
観光案内所のスタッフを装い、巧みな日本語や英語で観光客をだまし、スルタンアフメット地区の悪徳旅行会社や絨毯屋、それらと関係の深いホテルに連れていき、巧妙にお金をだまし取る。

空港バス
バスの車内で声をかけ、知り合いのホテルや旅行会社に連れていく、もしくは連れていった先から手数料を取る。

絨毯屋などの客引き
観光客に日本語で親しげに話しかけ、自らが関係する絨毯屋などへと連れて行き、高額な商品を買わせる。女性の場合は、人気のないところへ閉じ込め、強引にわいせつ行為に及んだりする例も報告されている。

睡眠薬強盗
外国人旅行者を装い、仲よくなってから飲食物に睡眠薬を入れ、身ぐるみはがす。

偽警官
言葉巧みに観光客に近づき、身体検査などと称して金品を奪う。

旅行情報

ビザ

90日以内の観光は査証不要。

パスポート

入国時3ヵ月+滞在日数以上必要。

税関

持ち込み制限
外貨 : 無制限
現地通貨 : USD5,000 相当額迄
タバコ : 200本と葉巻50本又は刻みタバコ200gと巻紙200枚他組合せ有
酒 : ワイン又は蒸留酒0.1Lを5本又は70MLを7本
香水 : 5本(各0.12L)
旅券登録要 : USD15,000以上の価値のある貴重品・骨 董品
コーヒー/紅茶/菓子 : 制限有

持ち込み禁止
麻薬、マリファナ

持ち出し制限
通貨 : USD5,000相当額
カーペット(新品) : 購入証明要
カーペット(古品) : 博物館の証明要

持ち出し禁止
骨董品 鉱物 : 特別の書類要
貴重品 : 入国時登録した物、正規両替の外貨で購入証明のある物

予防接種

マラリア
予防接種をしておいた方が望ましい(マラリアについては予防薬を服用、マラリアは訪問地域、時期により必要度合いが異なる)

※情報は予告なく変更されることがございます。