取扱い国一覧[基本情報]:スリランカ

一覧へ戻る

基本情報

国名

スリランカ民主社会主義共和国(Democratic Socialist Republic of Sri Lanka)

首都

スリ ジャヤワルダナプラ コッテ

言語

シンハラ語、タミル語、英語

宗教

仏教、ヒンズー教、イスラム教、キリスト教

時差

日本との時差は-3時間30分。スリランカの方が遅れている。夏時間はない。

map

通貨

現地通貨|スリランカルピー LK RUPEE/S
通貨単位・略称|LKR

(1LKRあたり)

提供: ja.exchange-rates.org

通貨を換算する

現地情報

気候

スリランカの気候は、コロンボ、キャンディなどを含む南・西部とジャフナ、アルガム・ベイなどを含む北・東部で大きくふたつに分かれる。

南・西部
南・西部は4〜6月、10〜11月が雨季で、12〜3月が乾季。雨季にはモンスーンの影響で1日に数回多量の雨が降る。キャンディなどの高地では12月まで雨季が続くが、年間総降水量は南西海岸のほうが多い。平均気温は、コロンボは約27℃と高いが、ヌワラ・エリヤなどの高原地帯は約16℃と年間を通して春のような天候。

北・東部
北・東部は10〜3月が雨季で、5〜9月が乾季となる。全体的に南西部よりも乾燥しており、雨も少ない。南西部よりも気温の差が大きいものの、やはり平均気温は30℃近くと暑い。

電話

日本からスリランカにかける場合
国際電話会社番号※1+010(国際電話識別番号)※2+94(スリランカの国番号)+市外局番+相手の電話番号

スリランカから日本にかける場合
00(国際電話識別番号)+81(日本の国番号)+市外局番(最初の0は不要)+相手の電話番号

携帯電話に関しては、各携帯電話取扱会社にてお尋ねください。

※1 国際電話会社番号
001(KDDI)「マイライン」の国際区分に登録している場合は不要。
0033(NTTコミュニケーションズ)「マイライン」の国際区分に登録している場合は不要。
0061(ソフトバンクテレコム)「マイライン」の国際区分に登録している場合は不要。
005345(au携帯)
009130(NTTドコモ携帯)NTTドコモは事前登録が必要。009130をダイヤルしなくてもかけられる。
0046(ソフトバンク携帯)ダイヤルしなくてもかけられる。
※2 auは、010は不要。

電圧とプラグ

電圧は230〜240Vで周波数は50Hz。プラグタイプはB3またはB。日本から電化製品を持っていく場合は、変圧器とアダプターが必要。

飲料水

生水は絶対に避ける。一度沸騰させたボイルドウォーターや、ミネラルウォーターなどを飲用するように。購入する際には、キャップがしっかり締まっているかを確認しよう。ミネラルウォーターの値段は大きさによりRs.20〜50。どんな小さな商店にも基本的には置いてある。

郵便

コロンボには3種類のポストがある。緑がコロンボ市宛、赤がスリランカ国内宛、青が国際郵便に分けられている。青いポストがない場合、国際郵便も赤いポストに投函する。コロンボ以外の街では、赤いポストしかない場合が多い。

郵便料金
日本までははがき1枚Rs.20。

郵便料金
月〜金曜8:30〜17:00、土曜9:00〜13:00で、日曜は休み。

チップ

レストラン
10%のサービス料が含まれていることがほとんどなので払う必要はないが、気持ちのよいサービスを受けたときには、ウエーターにRs.20〜50程度のチップを渡してもいいだろう。要は「ありがとう」という気持ちだ。

ホテル
目安としては、リゾートホテルのポーターにはRs.50〜100くらい。

ドライバーやガイド
Rs.100〜200くらい。

治安

2011年5月現在、ジャフナ、バブニア、キリノッチ市内、マンナール島、国道A9号を除く、バブニア以北の北部州に「渡航の是非を検討してください」、その他全域に「十分注意してください」という危険情報が出されている。2009年5月、反政府組織「タミル・イーラム解放の虎(LTTE)」との紛争が終結し、それ以後はLTTE残党によるテロなどは発生していないものの、北部州のジャングルには依然LTTEが埋設した地雷などがあるとみられている。北部のオマンタイ検問所以北へ渡航する場合にはスリランカ国防省の許可が必要となる。北部を除けばおもな観光地は盗難なども少なく、概して治安はいい。

旅行情報

ビザ

観光ETA(30日以内の滞在可能)の登録が必要。

パスポート

入国時6ヵ月以上必要。

税関

持ち込み制限
現地通貨 : LKR5,000
外貨 : USD15,000
※インド/パキスタン通貨禁止 酒 : 蒸留酒1.5L、他にワイン2本 (前記19才以上)
香水/オーデコロン : 少量
土産品 : 課税対象(USD250を超えるもの)

持ち出し制限
外貨 : 持込額又は入国時申告額
現地通貨 : 5,000スリランカルピー
タバコ : 適量
酒 : アラック酒 1本 (前記19才以上)
香水/オーデコロン : 少量

予防接種

黄熱
黄熱汚染地区に滞在または通過後6日以内に入国・入境する場合、予防接種証明書が必要

マラリア
予防接種をしておいた方が望ましい(マラリアについては予防薬を服用、マラリアは訪問地域、時期により必要度合いが異なる)

※情報は予告なく変更されることがございます。