取扱い国一覧[基本情報]:マレーシア

一覧へ戻る

基本情報

国名

マレーシア(Malaysia)

首都

クアラルンプール

言語

マレー語(国語)、中国語、タミル語、英語

宗教

イスラム教(連邦の宗教)、仏教、儒教、ヒンドゥー教 、キリスト教、原住民信仰

時差

日本との時差は-1時間。 マレーシアの方が遅れている。夏時間はない。

map

通貨

現地通貨|リンギットマレーシア RINGGIT
通貨単位・略称|MYR

(1MYRあたり)

提供: ja.exchange-rates.org

通貨を換算する

現地情報

気候

マレーシアは熱帯性気候に属し、マレー半島東部やボルネオ島は、10〜3月が雨季となる。西部では3〜4月初旬、10〜11月が雨季となるが、東部ほど雨は多くない。

電話

日本からマレーシアにかける場合
国際電話会社番号※1+010(国際電話識別番号)※2+60(マレーシアの国番号)+市外局番(最初の0は不要)+相手の電話番号

マレーシアから日本にかける場合
00(国際電話識別番号)+81(日本の国番号)+市外局番(最初の0は不要)+相手の電話番号

携帯電話に関しては、各携帯電話取扱会社にてお尋ねください。

※1 国際電話会社番号
001(KDDI)「マイライン」の国際区分に登録している場合は不要。
0033(NTTコミュニケーションズ)「マイライン」の国際区分に登録している場合は不要。
0061(ソフトバンクテレコム)「マイライン」の国際区分に登録している場合は不要。
005345(au携帯)
009130(NTTドコモ携帯)NTTドコモは事前登録が必要。009130をダイヤルしなくてもかけられる。
0046(ソフトバンク携帯)ダイヤルしなくてもかけられる。
※2 auは、010は不要。

電圧とプラグ

電圧は220Vで周波数は50Hz。コンセントは3つ穴のBFタイプが多く、日本の電化製品を使用するときは変圧器と変換プラグが必要。

飲料水

水道水は避ける。ミネラルウォーターを飲用したほうがよい。レストランで有料の水を頼むと通常はペットボトルのミネラルウォーターが出てくる。部屋に置いてあるポットに入った無料の水は水道水を使用している場合がほとんどなので注意。

郵便

5〜10日ほどで日本へ届く。

郵便料金
ハガキMYR0.50、封書は20gまでがMYR1.40で、10gごとにMYR0.35が加算される。

チップ

基本的にチップの習慣はないが、観光地では習慣となりつつある。あからさまにチップを求めてくることはないが、観光地で気持ちの良いサービスを受けた場合、すんなりとチップを渡せるとスマートだ。ホテルやレストランで、サービスチャージ10%が料金に含まれている場合は不要。

治安

マレーシアの治安は、東南アジア諸国のなかでもかなりよいほうだが、スリや置き引き、ひったくりなどの被害が報告されている。特に多いのが、ブラックジャック詐欺。この被害に遭う日本人が続発しており、大使館でも憂慮している。ショッピングセンターなどで気軽に話しかけてくる人には気を付けよう。

旅行情報

ビザ

90日以内の観光は査証不要。

パスポート

入国時6ヵ月以上必要。旅券の未使用査証欄は2頁以上必要。

税関

持ち込み制限
通貨 : 無制限(1万米ドル相当以上、MYR1,000以上は申告要)
タバコ : 200本又は葉巻50本又は刻みタバコ225g
酒 : 1本(1L程度)
土産品 : MYR200(1個MYR25)迄

持ち込み禁止
麻薬、猥褻物

持ち出し制限
通貨 : USD1万相当額以上、MYR1,000以上また入国時より多い場合許可要

予防接種

黄熱
黄熱汚染地区に滞在または通過後6日以内に入国・入境する場合、予防接種証明書が必要

マラリア
予防接種をしておいた方が望ましい(マラリアについては予防薬を服用、マラリアは訪問地域、時期により必要度合いが異なる)

※情報は予告なく変更されることがございます。