取扱い国一覧[基本情報]:オーストリア

一覧へ戻る

基本情報

国名

オーストリア共和国(Republic of Austria)

首都

ウィーン

言語

ドイツ語

宗教

キリスト教(カトリック 78%、プロテスタント 5%、他にユダヤ教等)

時差

日本との時差は-8時間。オーストリアの方が遅れている。夏時間採用時(2012/3/25〜2012/10/28)は-7時間。

map

通貨

現地通貨|ユーロ EURO/S
通貨単位・略称|EUR

(1EURあたり)

提供: ja.exchange-rates.org

通貨を換算する

現地情報

気候

オーストリアは冬の寒さが厳しい。服装を考えるときは、北海道よりもやや寒いくらいのつもりで用意するといい。
夏は、猛暑の年もあるが、雨が降るとかなり冷え込む日もあるので、カーディガンなどの防寒着は必携。

電話

日本からオーストリアにかける場合
国際電話会社番号※1+010(国際電話識別番号)※2+43(オーストリアの国番号)+市外局番(最初の0は不要)+相手の電話番号

オーストリアから日本にかける場合
00(国際電話識別番号)+81(日本の国番号)+市外局番(最初の0は不要)+相手の電話番号

携帯電話に関しては、各携帯電話取扱会社にてお尋ねください。

※1 国際電話会社番号
001(KDDI)「マイライン」の国際区分に登録している場合は不要。
0033(NTTコミュニケーションズ)「マイライン」の国際区分に登録している場合は不要。
0061(ソフトバンクテレコム)「マイライン」の国際区分に登録している場合は不要。
005345(au携帯)
009130(NTTドコモ携帯)NTTドコモは事前登録が必要。009130をダイヤルしなくてもかけられる。
0046(ソフトバンク携帯)ダイヤルしなくてもかけられる。
※2 auは、010は不要。

電圧とプラグ

電圧は230Vで周波数は50Hz。プラグはCタイプが一般的、一部SEタイプもある。日本国内の電化製品はそのままでは使えないものが多く、変圧器が必要。

飲料水

オーストリアの水道水は、ほとんどがアルプスの湧き水を利用しており、飲料水として適切。レストランやスーパーなどで売っているミネラルウォーターは、炭酸入り(mit Kohlensaureまたはprickelnd)、微炭酸(mild)、炭酸なし(ohne Kohlensaureまたはstille)などがある。500ml入りは、スーパーマーケットで買うとEUR0.50、駅の売店などではEUR1〜1.50程度。

郵便

郵便料金
プライオリティーPriorityとエコノミーEconomy扱いの2種類に分かれる。プライオリティーは日本まで2〜6日で到着するが、エコノミーでは到着日の目安は提示されない。小包Paketは日本までの所要6〜10日程度、速達小包(シュネル)Paket Schnellは所要4〜6日程度で到着する。日本宛料金はハガキ・封書20gまでEUR1.70(プライオリティー)。封書50gまではプライオリティーEUR2.40、エコノミーEUR2.10。小包5kg(3辺の和が100cm)まではEUR35、シュネルEUR57.50。

営業時間
一般的な営業時間は平日8:00〜18:00、土曜は9:00〜12:00、日曜と祝日は休業。大都市の駅や中央局は夜遅くまで営業していたり、小さな局では昼休みを取るなどさまざま。

チップ

レストランやホテルなどの料金には、サービス料が含まれているので、必ずしもチップは必要ない。ただし、サービスをしてくれた人に対する感謝の意を表す心づけとして渡す習慣がある。額は、特別なことを頼んだ場合や満足度によっても異なるが、以下の相場を参考に。

タクシー
料金の10%程度(EUR1前後)。トランクに入れる荷物が多いときはやや多めに。

レストラン
店の格にもよるが、一般には5〜10%ぐらいの額を、テーブルでの支払い時にきりのいい金額に切り上げて渡すか、おつりの小銭をテーブルに残す。

ホテル
ベルボーイやルームサービスを頼んだときEUR1程度。

トイレ
掃除の係員がお皿を前に置いて座っていたらEUR0.20〜0.30程度。

治安

ウィーンの空港や駅周辺では、スリの被害も出ている。グループツアーが利用するような大型ホテルでは、ロビーやレストランでの置き引きも起きている。

旅行情報

ビザ

6ヵ月未満の滞在は査証不要。

パスポート

帰国時まで有効なもの。

税関

持ち込み制限
EUR10.000相当以上(外貨、TC等含む)は申告要。
タバコ : 200本又は細葉巻100本又は葉巻50本又は刻みタバコ250g。
酒 : 22%超の酒類1L又は22%以下2L、ワイン2L(前記17才以上)。
香水 : 50ML及びオードトワレ0.25L。
土産品 : EUR430相当。

持ち出し制限
EUR10.000相当以上(外貨、TC等含む)は申告要。

予防接種

無し

※情報は予告なく変更されることがございます。