アムネットカフェ

Amnet Cafe アムネットカフェ

毎日 “新しい旅” に出逢っている私達が、旅を通じて感じたこと、思ったこと、流行、ときには愚痴(?)などを綴ったコラムです。

バックナンバー

アムネットカフェ:目的地+α(アルファ)の旅

目的地+α(アルファ)の旅 最近、旅が変わった。
昔は一週間の休みが取れたら、よくダイビング目的の旅に行った。出発前から1日最大本数×潜れる日を計算して今回は○本しか潜れないのかぁと潜る前から残念がる、天候や体調のことなど全く考えない、ひたすら海に浸かっている旅だった。

そんな旅がここ数年は変わった。
行きたいところはたくさんあるのに休みがなかなか取れなかったり、美白ブームの中で自分の黒さが恥ずかしくなったり、単純にダイビング三昧の日々に体力の限界を感じたり・・・など、きっかけはいろいろだ。
目的地までの直行便航空券は人気のため航空運賃も高いものが多い。それに比べて経由便(乗継便)は比較的お得な航空券も多い。
それで、経由便(乗継便)の航空券を使って「目的地+α(アルファ)の旅」で、一度の旅でダイビングと観光を半分ずつ楽しむことにしたのだ。

そしてキャセイパシフィック航空でフィリピンにダイビングに行くことにした。帰りに乗り継ぎ地の香港で観光と買い物を楽しみ、その後そこから更に船でマカオまで遊びに行ってカジノにも挑戦した。この一週間の周遊の旅ですっかり好みが変わってしまった。
その後は、韓流ブームにがっつり飲み込まれ、何とか韓国乗り継ぎでどこかに行けないだろうかとアシアナ航空や大韓航空のルートマップを見ながら模索するも、なかなか韓国乗り継ぎで行くことができる国の中で興味があるところが見つからず、あってもスケジュールが合わなかったり予約が取れなかったりと、まだこのルートは実現していないが、ある時諦められず、南の島でダイビング後に成田乗り継ぎで韓国に行ったこともあった(ちょうど安い航空券が取れたのだ )。こうなるともはや+αではなく、完全に2つの旅行になってしまうのだが・・・。

そんな私の全く個人的な好みで、何年か前からモルディブとドバイを周遊するツアーの販売を始めた。テーマは『海と砂漠で遊ぶ旅』。その頃私はとても砂漠に行ってみたかったのだ。

モルディブでは綺麗な海でシュノーケリングやダイビングをしたり、真っ白なビーチや水上コテージでゆったりのんびりと時間を過ごす。その後、ドバイでは超高層ビル群が立ち並ぶシティエリアからデザートサファリへ出発し、砂漠の中を4WDで走り回ったりラクダ乗りやベリーダンスショーを楽しむ。砂漠の中に建つホテルも是非泊まってみたかった。ドバイは新旧が織り交ざった非常に魅力的なアラビアンリゾートだ。

ただ、地図で考えると日本から左にモルディブを通り越して中東へ飛んで右に引き返す感じ。その頃はまだスリランカ航空のモルディブ直行便も運航していたので(2012年3月で終了)、直行便で約10時間で行けるモルディブへ、エミレーツ航空で約15時間(乗継時間を入れると約21時間)も掛けて移動するツアーは、他の旅行会社さんからもほとんどツアーが出ていなかった。

ツアーを作っておきながらこういうのもなんだが、万人受けするようなツアーではなく、ちょっと変わったツアーをご紹介程度で考えていたのだが、成田空港からもエミレーツ航空が運航を開始した2年前頃から、意外にも(!?)、海外旅行が初めてという新婚旅行のお客様からもお子様連れの家族旅行のお客様からも、たくさんのご予約を頂けるようになった。

私が担当しているモルディブのツアーは、最近随分と様変わりした。
前述のモルディブ&ドバイは今ではかなりの旅行会社さんでツアーを販売している。加えて、エティハド航空(アブダビ経由)やカタール航空(ドーハ経由)でもモルディブへ行けるようになり、ツアーはかなり多種多様になっている。定番のシンガポール航空利用プランでは、天空プールで話題になった「マリーナ・ベイ・サンズ」が2010年に開業してからモルディブ帰りにシンガポールに数泊立ち寄りプランが増え、今でも人気を集めている。
今やモルディブのツアーは、モルディブ+乗り継ぎ地の組み合わせプランがブームなのだ。

目的地+α(アルファ)の旅。
今回は私の個人的な好みとモルディブ中心の話になってしまったが、他の地域はもっといろいろな航空会社が就航しているので、もっと楽しめる、もっと意外な、もっとあなた好みの旅が作れるはず。
私にもまだまだ行きたい旅がある。これからもどんどん+αの旅を紹介していきたい。